link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

いろいろ。

ございまして、更新をしばらくお休みしておりました。
こちらをご覧の極僅かな閲覧者の方々へお詫び申し上げたいと( ノω`)

↓言い訳

ご存知の方も多いと思いますが、
サブマス様のG3を終わらせるため、
その日の私は最終バオルの準備に勤しんでいたわけです。
KIAIは充分!
yarozo-.jpg

ふおおおおお!燃え上がる私。
その情熱が今…譲り受けてから5年を数える盟友、ぱそこんにも引火しtdoka-.jpg


 
えーと…何の話でしたっけ(*'-')?

あー、そうそう。
ぱそこんに疎い私。
新しいぱそこんのマニュアルと悪戦苦闘し、遂に復帰の目処が立ちました。
新しいキーボードとマウス。
数日とはいえ、今までにないブランク。
これは慣れるまでにちょっとかかるなぁ…
フィアードでも行ってリハビリでもしようかな。
皆さんの顔も久々に見たかったし早速繋ごうと思い立ちました。

INした直後のことです。

「ゾンビ遺跡D行かない?」

(・ェ・;)

素晴らしいリハビリになりそうです。

SSはありません。
私が死体で転がっている間に終わりました( ノω`)
周りがそうそうたる強い方々だったので、ある意味幸運だったのかもしれません。

操作もまだ覚束ないし、今度こそリハビリらしき戦地へ赴きましょう。
と考えていた矢先

「ペッカ下級いかない?」

( ノω;)

しかも、3人ですか。

でもメンバーが火の玉小僧とギャラクティカな人だったので、
まぁ何とかなるだろう…と浅はかにも行くことに。

それに、前回のペッカで課題を残した宿命のライバル、
ワイト様とも決着をつけねばなりません。

そりゃあもう。
真っ先に対ワイトの準備だけは整えておりました。
火矢を使えるワイト様に通用する武器、リザード盗賊コンポジットボウです。
これにてクリ率130.6%をなんとか捻出いたしました。

このコンポジが後ほど「!?」な事実を見せてくれるわけですが…
後述致しますがとりあえずこのクリ率を覚えておいて下さいませ。


というわけで、今回はクリ子の挑戦INペッカ第二章の始まりとあいなりました。
 
ご推察の通り、3人でどうにかできるダンジョンではありません。
それプラス、思わぬ(ある意味想定内?)敵も現れました。
DIO様death。
例えばこんな風に
mabinogi_2006_12_28_003.jpg
やることもないし、SS撮るくらいしか。

とまぁ、楽しい道中でしたが、詳細はギャラクティカ氏のブログに譲ります(ぉ

さて、クリ子勝負。
私はこの日のために頑張って来たんだー。
って思える、いいワイト戦でした。
mabinogi_2006_12_28_006.jpg
いえ、これは私のオマタが焼ける衝撃映像ではありません。

調子に乗った私は
「ワイトはもう敵ではない。」

某タイトル風に叫び、ギャラクティカ氏の後ろから飛び出しタイマーン勝負ッ!
005.jpg


(´・ω・`)
はい…これは操作にもっと慣れてからやりましょう。
それまでこの台詞はギャラクティカ氏の背後限定で(ぉ

そして後半、ゴーストの集団が連続で来るわけですが。
ブルーゴーストとレッドゴースト。
Wikiをご覧になれば判るとおり
保護80~81と書かれているクリ攻略不可の難敵です。
たった3人でそうそうミルだけで抜けられるものではありません。
ギャラクティカ氏の提案で、一匹一匹焚き火に引っ掛けて殲滅することになりました。

そのとき、衝撃が私を襲いました。
mabinogi_2006_12_28_015.jpg



!(´・ω・`)?

一瞬見間違いかとも思いましたが、何度かこれを確認しました。

今度はブルーゴーストよりも保護が高いとされるレッドゴーストです。
mabinogi_2006_12_28_024.jpg


!(´・ω・`)?

うーむ。これも出るようですねぇ。
流石に多少ブルーゴーストより出にくい印象を持ちましたが、
今回初めてWikiのデータを覆す成果を得られました(・ェ・;)b
数だけは撃ち込んだので、割と今回のデータは正確だと思われます。

ブルーゴースト 保護63前後
レッドゴースト 保護64前後

最下層にて、お一人が夢の世界へ逝きかけましたが、何とか最後に復帰(*'-')b
非常に有意義なデータを得られたし、よかったよかった( ノω`)

同時に反省点も数多くあり、ご迷惑ばかりでした(・ェ・;)
人数が少ないと一人ひとりがこなさねばならない役目は重要で、
より深い知識とシビアな立ち回りが要求される事がわかりました。

今回のペッカ戦を糧に、
私自身が役立てたという感を得られる戦いができるといいのですが…
道は遠いようです…(;´Д`)

でも冷静に考えるとどんなに上手にやれたとしても、
ギャンブラー特性が変わらない限り、私の存在価値は

ヘ(°◇、° )ノ~ ←こんな感じ
スポンサーサイト
02:55 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
わらしべ。 | top | いっぱつげい。

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2006/12/31 00:52 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2006/12/31 10:04 | URL [編集] | page top↑

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://rayroula.blog84.fc2.com/tb.php/26-b0e8597e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。